MENU
MENU
  • HOME
  • Swingcrew Marketing Memo Room
  • 九州工業大学が、ロボットアームのハンド部分から得られる感触信号から、ロボットが何をつかんだかを判別することに成功したと発表しました。

Swingcrew
Marketing Memo Roomスウィングクルー マーケティング メモ ルーム

2022.01.07
九州工業大学が、ロボットアームのハンド部分から得られる感触信号から、ロボットが何をつかんだかを判別することに成功したと発表しました。

記事によりますと、

把持物体認識には、人工ニューラルネットワークの一種であるリザバー演算(RC)が使われるが、九州工業大学は、そのリザバー演算を、「単層カーボンナノチューブとポルフィリン、ポリオキソメタレートの複合体」(SWNT/Por-POM)からなる素子で行わせるという、画期的なアプローチをとった。

としています。

 

 

AIロボットが何をつかんだかを判別可能に―九州工業大学、マテリアルベースのリザバー演算素子を開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本記事は、スウィングクルーがピックアップしているマーケティング関連ニュースのクリップです。

スウィングクルーが発表しているニュースではございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る