MENU
MENU

Swingcrew
Marketing Memo Roomスウィングクルー マーケティング メモ ルーム

2024.02.06
EU、根拠のない「エコ広告」規制を再強化

2024年1月に欧州議会で正式な合意に至った新規制は、その動きを反映したものだ。これにより、EU域内で商品を提供する企業は、2026年から以下の3つを行えなくなる。

 

 

1,正式な証明書をつけずに、製品を「環境に良い」と主張すること

2,製品を「環境に良い」と主張する根拠として、カーボン・オフセットを用いること

3,公共の機関から発行されているものや、EU域内で承認された証明スキームに基づいているもの以外のサステナビリティ・ラベルを用いること

 

 

この新規制の背景には、カーボン・オフセットの透明性や、その気候変動抑制への効果に対する強い懸念がある。

 

 

 

2024年1月からフランスで生ごみの分別義務付け開始。現地の様子は?

 

 

 

 

 

※本記事は、スウィングクルーがピックアップしているマーケティング関連ニュースのクリップです。スウィングクルーが発表しているニュースではございません。

ページTOPへ戻る